法律知識

HOME法律知識法律知識詳細

法律知識「事業承継 」

事業承継のための現状把握

事業承継を考えるにあたっては,まず会社を取り巻く状況を正確に把握することが必要です。

具体的には,①会社の経営資源・経営リスクの状況,②経営者自身の状況,③後継者候補の状況,④相続発生時に予想される問題点などの状況把握が必要です。

 

1 会社の経営資源・経営リスクの状況

会社の経営資源の状況として,以下の項目が挙げられます。

① 資産の額,内容

② 売上,キャッシュフローの現状,将来見込み

③ 従業員の数,年齢

会社の経営リスクとして,以下の項目が挙げられます。

① 負債

② 競争力の現状,将来見込み

 

2 経営者自身の状況

経営者の現状把握としては資産・負債の状況を把握することになります。特に重要なのは以下の点です。

① 保有自社株式

② 個人名義の土地・建物

③ 個人の負債・個人保証

 

3 後継者の状況

後継者の存在なくして事業承継はできませんので,早い段階から後継者の状況について把握する必要があります。主に以下の点を把握すべきです。

① 親族内で後継者になりうる者がいるか

② 社内や取引先に後継者となりうる者がいるか

③ 後継者候補の能力,適性(統率力,意思疎通能力,広い視野,忍耐力,行動力,柔軟性など)

④ 後継者候補の年齢,経歴,会社経営に対する意欲

 

4 相続発生時に予想される問題点

相続発生時に予想される問題点を把握するために,以下の点を把握する必要があります。

① 相続財産の範囲

② 相続人の範囲

③ 株式保有状況

④ 相続人の意向

 

以上の項目を検討していくと,事業承継の方法(親族内承継か,従業員承継か,第三者承継か),タイミングなどを整理して考えることができますので,事業承継をお考えの方は是非現状把握を行って頂ければと思います。

 

(弁護士 森 智幸)

法律知識一覧 各取扱分野の法律知識を御覧ください

法人

Žæˆµ•ª–ì

  • Œð’ÊŽ–ŒÌ@Ú‚µ‚­‚Í‚±‚¿‚ç
  • ˆâŒ¾E‘Š‘±@Ú‚µ‚­‚Í‚±‚¿‚ç
  • ’†¬Šé‹Æ‚̍жE”jŽY@Ú‚µ‚­‚Í‚±‚¿‚ç
  • ŒÂl‚ÌŽØ‹à–â‘è
  • Z‘[ƒ“E”CˆÓ”„‹p
  • •ÛØ
  • ŽØ‹à–â‘è
  • —£¥
  • ’j—–â‘è
  • ˜J“­–â‘è
  • ’À‘ݎ؁E•s“®ŽY–¾“n
  • ‚—îŽÒ–â‘è
  • •s“®ŽYŽæˆø
  • •s“®ŽY“o‹L
  • “y’n‹«ŠE
  • ‹ß—׃gƒ‰ƒuƒ‹
  • Á”ïŽÒ–â‘è
  • “ŠŽ‘¼‹\
  • •ÛŒ¯i¶–½A‰ÎÐAŽ©“®ŽÔj
  • »‘¢•¨‚ÌŒ‡Š×
  • Ž–ŒÌiŠwZA“úí¶Šˆj
  • ‚»‚Ì‘¼ˆê”Ê‚Ì–¯Ž–Ž–Œ
  • ”ƍߔíŠQ
  • ­”NŽ–Œ
  • ‘–ʍ쐬‘ãs
  • Œö³Ø‘ì¬Žx‰‡

’†¬Šé‹Æ‚Ì•û‚Ö